まじめに百年。日本で初めて「えごまオイル」の食用化に成功したマルタがお届けします

えごま油とは?

えごま油を日本で初めて食用化したのは太田油脂です。
私たちのえごま油(しそ油)の原料はシソ科植物・エゴマ種子100%。
えごま油には現代人の食生活に不足がちなオメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)が約60%以上含まれ、健康的な食生活に欠かせない油として注目されています。

えごま油はこんな方にオススメです。

えごま(荏胡麻)
えごまとは一年草のシソ科植物で、青シソ(大葉)と良く似た葉をもつ植物です。「ごま」とは全く異なります。韓国では葉を食す文化があり、えごまの葉のキムチ漬けが有名です。
えごま種子
えごまの種子は、食用として今でも飛騨地方で五平餅のタレに使われるなど、伝統食として使用されています。すりつぶして五平もちのたれ等に利用されています。
えごまは日本最古の油脂植物

えごまの原産地はインド高地や中国雲南省の高地とされており、ここから中国、韓国、日本に入ってきたといわれています。

1万年〜5500年前の遺跡数カ所で、すでに栽培されていた痕跡が見つかっていることから、えごまは日本最古の油脂植物と考えられます。

えごま油の歴史

えごまが油として使われるようになったのは平安時代初期で、当時は灯明油に用いられていました。そこから、番傘・提灯・工芸品の塗装用などの用途で、江戸時代中期までの800年間盛んに使われていました。

しかし、江戸時代後期に、生産効率の高い菜種が日本に入り、次第にえごまから菜種に移り変わっていったことで、えごまを栽培する農家は激減していきました。今では福島県、岩手県、岐阜県、宮城県などの一部に伝統食として残っており、東北では、「食べると十年長生きする」という謂れから、「じゅうねん」、飛騨では「あぶらえ」と呼ばれています。

マルタのえごまコンテンツ

  • 最新記事
  • あぶら
  • オメガ3
  • 使い方
  • お客様の声
  • Q&A
  • 最新情報
  • 体操
    • あぶら

      【油博士コラム⑤】「油」と「脂」の違い

      「脂質」も炭水化物やタンパク質とのバランスを取りな …

    • お客様の声

      【お喜びの声】季節の変わり目に家族で始めるえごま…

      お客様よりいただいたお喜びの声をご紹介させていただ …

    • オメガ3

      【腸活コラム】腸から美肌を目指す食事3つのポイン…

      肌トラブルのない美肌の大きな鍵を握っていると言われ …

    • 使い方

      10月の旬の食材レシピ!【しらす】【まいたけ】【…

      maruta 管理栄養士 旬の食材を使い「おいしく …

    • 使い方

      10月が旬!【まいたけ】「まいたけと水菜の塩麴レ…

      maruta 管理栄養士 旬の食材を使い「おいしく …

    • 使い方

      10月が旬!【しらす】「しらす丼」おいしく健康に…

      maruta 管理栄養士 旬の食材を使い「おいしく …

    全記事一覧へ

PAGE TOP