【腸活コラム】腸活による嬉しい変化《腸活をされた方のお声》

便秘・お腹の壊しやすさ・肌をきれいにしたいなど腸活を始める理由は様々です。

普段、「腸専門の食育学校」では、全国から、腸や腸からくる不調にお悩みの方が多く通われています。今回のコラムでは、実際に食育学校にて腸活を体験した方の3名の方のお声をご紹介します。

 

《すぐにお腹が痛くなるので漢方薬を常備。今では薬を使わない生活に。(50代女性)》

 

すぐにお腹が痛くなる体質を治したくて受講しました。漢方薬・胃薬・頭痛薬を服用していたので、薬を使わない生活が出来れば嬉しかったです。

お通じの回数に変化はありませんでしたが、リズムが良くなり、便の質も良くなりました。急激に襲われる腹痛がなくなったことで日常生活がとても楽になりました

家族に「心配性」と言われることもあったのですが、具合が悪くて寝込むことがなくなったし、明るくなったと言われます。急に来る不安感や息苦しさもなくなりました。

さらには健康診断でコレステロール値が下がったり、肌の色が白くなったと言われたり嬉しい効果もありました。

一人だったら途中で挫折してしまったかもしれませんが、一緒に学ぶ仲間がいたことでモチベーションが保てました。学校修了後にも交流が続くので、みんなで行った味噌蔵巡りなどの修学旅行もとても楽しかったです。

授業では食品添加物や調味料について学んだことが印象深く、使用していたものを変えたことで体質が変わっていったことに驚きました。

体調の変化に応じて自分でリカバリーができるので一生使える知識を貰えたと思い本当に受講してよかったです。

 

《カチカチ便・肌荒れもひどく便秘薬が手放せず。便秘解消後は人と比べて落ち込むことがなくなりました。(20代女性)》

便秘と肌荒れを改善したいと思い受講しました。

4~5日に1回だったお通じがほぼ毎日になった上に、カチカチ便が改善されました。

便秘時の不快感から解放されたのが一番嬉しく、頼っていた便秘薬からも全て卒業しました。

写真に写るのが嫌なほどの吹き出物や肌荒れがキレイになくなり肌を褒められる機会が多くなりました。

人と比べたり、落ち込んだりすることがなくなったことは気持ちの上での大きな変化でした。

効果が嬉しく、家族や友人、パートナーにも勧めています。中でも、調味料の選び方についてはすぐに実践に移せて、自分だけでなく家族の健康にも繋がったので、授業の中でも特にお気に入りです。

一緒に学ぶ仲間とも仲良くなれて楽しい時間が過ごせました。

 

《自分と5歳の娘の便秘に悩みあらゆる腸活情報を実践。初めて効果を感じられました!(30代女性)》

自分と5歳の娘の便秘に悩み、自己流で腸活を実践するものの効果を実感できませんでした。

以前は長時間トイレに籠っていた娘の排便時間が短くなり4~5日に1回のペースが2日に1回になってきました。私自身も3日に1回だったお通じが毎日出るように。

お腹のハリもなくなりましたし、娘の便も改善されました。

乳酸菌飲料に頼りっきりで飲まないと出ないという生活でしたし、ヨーグルトにオリゴ糖シロップをかけて食べる方法を実践していましたがいまいち効いた感じがしませんでした。講座を受講し実践し始めてからは、毎日買っていたものを使わなくてよくなりました。また、母も10種類ほどサプリや栄養ドリンク、便秘薬を使用していましたが、体質が変わり全て卒業しました。

他にも肌荒れしにくくなり保湿クリームの消費量が減ったり、子供へのイライラが減り優しくなったり、好奇心が高まり何事に対してもチャレンジ精神が芽生えたりと、意外な効果もありました。

また、1人目を出産後に3kg増えてしまっていた体重が2人目出産後に腸活をはじめたところ、半年で3kg痩せ、合計で6㎏減り今もリバウンドもしていません。

実習ではみんなでわいわい作れるのが楽しかったです。原材料表示がわかるようになり、摂り方にも体質別やタイミングがあることを知ることができました。みんなで励まし合ったり、それぞれの体質や悩みを知れたり、講座期間中はLINEで繋がれたのも良かったです。

食事作りに前向きになり、外食やパン屋さんへ行くことが減り、

家族みんなで体調が良くなってきたことが嬉しいです。

 

いかがでしたか。始めはご自身の便通改善の為に腸活を始める方が多いですが、続けていくうちにその他にも嬉しい変化が出てくる方がほとんどです。また、同じ食事を召し上がられているご家族も変化していくことも嬉しいポイントです。腸活を始める際の参考にしていただけると嬉しいです。

 


◆加勢田 千尋さん(管理栄養士)
腸専門の食育学校を運営する
「一般社団法人CHO-JIN食育協会」代表。
腸の専門家として、薬やサプリメントに頼らない
腸を元気にする食事法を発信している。