まじめに百年。日本で初めて「えごまオイル」の食用化に成功したマルタがお届けします

えごまとは一年草のシソ科植物で、青シソ(大葉)と良く似た葉をもつ植物です。「ごま」とは全く異なります。韓国では葉を食す文化があり、えごまの葉のキムチ漬けが有名です。
えごまの種子は、食用として今でも飛騨地方で五平餅のタレに使われるなど、伝統食として使用されています。すりつぶして五平もちのたれ等に利用されています。
えごまの種子から搾った油「えごま油」は、その昔生活を照らす灯明油、また傘に使う防水など塗装用の油として、人々の暮らしで利用されてきました。現在では食用として使われています。
えごまは日本最古の油脂植物

えごまの原産地はインド高地や中国雲南省の高地とされており、ここから中国、韓国、日本に入ってきたといわれています。

1万年〜5500年前の遺跡数カ所で、すでに栽培されていた痕跡が見つかっていることから、えごまは日本最古の油脂植物と考えられます。

えごま油の歴史

えごまが油として使われるようになったのは平安時代初期で、当時は灯明油に用いられていました。そこから、番傘・提灯・工芸品の塗装用などの用途で、江戸時代中期までの800年間盛んに使われていました。

しかし、江戸時代後期に、生産効率の高い菜種が日本に入り、次第にえごまから菜種に移り変わっていったことで、えごまを栽培する農家は激減していきました。今では福島県、岩手県、岐阜県、宮城県などの一部に伝統食として残っており、東北では「じゅうねん」、飛騨では「あぶらえ」と呼ばれています。

「えごま油」が様々な雑誌で紹介され、注目されています。

アンチエイジング、ダイエット、お肌の悩み、etc・・・様々なお悩みにぜひ「えごま油」をご利用ください。

詳細はメディア掲載をご覧下さい>>