11月が旬!【鮭】「鮭のディップ」おいしく健康に♪

 

maruta
管理栄養士

旬の食材を使い「おいしく健康に。」を
コンセプトとしたレシピを
RIKACO部長とともにお届けします。

今回は【第2弾】11月の旬の食材レシピです。

 

旬(しゅん)とは?
旬とは野菜や果物、魚などの食材がおいしく食べられる時期です。
旬の食材の魅力はおいしさが増すだけでなく、栄養素の量も増えます。

開発部長RIKACO

開発部長のRIKACOです。
今月の料理をご紹介しましょう。

 

【鮭】を使用した「鮭のディップ」をご用意しました。
えごまオイルを使っているので
旬の食材に含まれる
脂溶性ビタミンの吸収率もアップします。

◎ 鮭のディップ ◎

【材料】2人分
生鮭 2切れ
※鮭フレークで代用可
酒(下処理用) 大さじ1
ミニトマト 40g
ブロッコリー 40g
なたね油(焼き用) 適量
○ソイマヨネーズ 大さじ4
※通常のマヨネーズで代用可
○えごまオイル 小さじ2
○レモン汁 小さじ3
○塩 少々
○こしょう 少々

【作り方】
①鮭に酒をふり、30分程度漬け込む。キッチンペーパーで水気をふき取る。
②ミニトマトはヘタを取り、8等分に切る。
ブロッコリーは房に分け、ゆでる。粗熱が取れたらミニトマトと同じ大きさに切る。
③ボウルに○を混ぜ合わせておく。
④フライパンに油をしき、下処理をした鮭を焼く。
火が通ったら骨を取り除き、食べやすい大きさにほぐす。
⑤②にほぐした鮭、ミニトマト、ブロッコリーを加えて和える。器に盛りつけて完成。
*お好みでバケットなどと一緒にお召し上がりくださいませ。

 

【レシピのポイント】

*鮭には脂溶性ビタミンの
ビタミンDが豊富に含まれています。
ビタミンDは骨をつくるサポートをしてくれる栄養素で、
オイルと合わせることでカラダへの吸収率がアップします♪
*えごまオイルには
日本人に不足しがちな「オメガ3脂肪酸」が
含まれています。

ありがとう。
とってもおいしそうね。
旬の食材【鮭】についても説明をお願いね。

はい!

◇11月の旬の食材
「鮭」

・鮭の栄養素について
①ビタミンD
骨をつくるサポートをする栄養素です。
オイルと合わせることで吸収率が高まります。
②オメガ3脂肪酸
魚にはオメガ3脂肪酸のDHA、EPAが豊富に含まれています。
身体の中でつくることができない必須脂肪酸なので、
積極的に摂りましょう。

・鮭は、100g当たり33.0㎍のビタミンDを含んでいます。

40代女性の場合、1日当たり8.5㎍をとるのが目安です。
今回ご紹介したレシピですと、
約23.1㎍、約270%(約3日分)の摂取量に当たります。
摂りすぎは良くありませんが、
耐容上限量100㎍/日を超えないように摂取しましょう。

・おいしい選び方


身がしまっていて弾力があるもの
皮と身が離れていないもの
身に透明感があるもの
ドリップがでていないもの


食材ごとに魅力があるので、
よりおいしい選択ができるといいね。
今回使用した商品はこちらです。
ぜひチェックしてみてね。

【使用商品】
◇えごまオイル180g

◇毎日えごまオイル

 

maruta
管理栄養士

旬の食材をえごまオイルとあわせることで
おいしく健康づくりが楽しめます。
ぜひお役立ていただけますと幸いです。

 

開発部長RIKACO

11月の旬の食材レシピは
他にも【にんじん】を使った「スパイシースープカレー」、
【さつまいも】を使った「豆乳ヨーグルトサラダ」があるわよ。
ぜひみてみてね。
毎月1日に新しいレシピを発信しているから
また遊びに来てね。

↑他にもメニュー盛りだくさん!詳しくはこちらをクリック↑