11月が旬!【にんじん】「スパイシースープカレー」おいしく健康に♪

 

maruta
管理栄養士

旬の食材を使い「おいしく健康に。」を
コンセプトとしたレシピを
RIKACO部長とともにお届けします。

今回は【第2弾】11月の旬の食材レシピです。

 

旬(しゅん)とは?
旬とは野菜や果物、魚などの食材がおいしく食べられる時期です。
旬の食材の魅力はおいしさが増すだけでなく、栄養素の量も増えます。

開発部長RIKACO

開発部長のRIKACOです。
今月の料理をご紹介しましょう。

 

【にんじん】を使用した
「スパイシースープカレー」をご用意しました。
えごまオイルを使っているので
旬の食材に含まれる
脂溶性ビタミンの吸収率もアップします。

◎ スパイシースープカレー ◎

【材料】2人分
たまねぎ 1/2個
にんにく 1片
なたね油(炒め用) 適量
カレー粉 大さじ2
トマト缶 1缶
水 2カップ(400cc)
コンソメ 小さじ2
はちみつ 小さじ2
◇トッピング
にんじん 1/4本
かぼちゃ 40g
ピーマン 1個
れんこん 10g
ヤングコーン(水煮) 2本
なたね油(素揚げ用) 適量
えごまオイル 約小さじ2
※バケットまたはライス(お好みで)

【作り方】
①にんじんは皮を剥き、1/4に切る。角を落とし、面取りをする。
かぼちゃはスライスする。ピーマンは半分に切り、ヘタと種を取る。
れんこんは皮を剥き、薄い輪切りにし、水に浸してアクを抜く。
ヤングコーンは軽く洗い、水を切っておく。
たまねぎは細めのくし切りにする。
にんにくはみじん切りにする。
②鍋に油をしき、にんにくを炒める。
香りが立ったら、たまねぎを加え、軽く炒める。
③②にカレー粉を加え、たまねぎにまんべんなく合わせたら、
トマト缶、水、コンソメ、はちみつを加えて煮込む。
④①のたまねぎとにんにく以外の野菜を素揚げする。(170℃)
⑤器にスープカレーと素揚げした野菜を盛り付け、
仕上げにえごまオイルを回しかけて完成。

 

【レシピのポイント】

*にんじんには
脂溶性ビタミンのビタミンAが豊富に含まれています。
ビタミンAは粘膜や皮膚を丈夫にする働きや、
抗酸化作用がある栄養素で、
オイルと合わせることでカラダへの吸収率がアップします♪
*トッピングの野菜は季節にあわせて、
旬の食材にアレンジしていただくのがおすすめです。
*えごまオイルには
日本人に不足しがちな「オメガ3脂肪酸」が
含まれています。

ありがとう。
とってもおいしそうね。
旬の食材【にんじん】についても説明をお願いね。

はい!

◇11月の旬の食材
「にんじん」

・にんじんの栄養素について

①ビタミンA
粘膜や皮膚を丈夫にする働きや、
抗酸化作用が期待される栄養素です。
また、目の健康をサポートしてくれる働きも
期待されています。
②カリウム
ナトリウムと相互に働き、
過剰に摂取したナトリウムを体外へ排泄する作用が
あるといわれています。

・おいしい選び方
オレンジ色が濃いもの
表面にひび割れ等がないもの
茎の付け根が小さく、みずみずしいもの

 

食材ごとに魅力があるので、
よりおいしい選択ができるといいね。
今回使用した商品はこちらです。
ぜひチェックしてみてね。

【使用商品】
◇えごまオイル180g

◇毎日えごまオイル

 

maruta
管理栄養士

旬の食材をえごまオイルとあわせることで
おいしく健康づくりが楽しめます。
ぜひお役立ていただけますと幸いです。

 

開発部長RIKACO

11月の旬の食材レシピは
他にも【鮭】を使った「鮭のディップ」、
【さつまいも】を使った「豆乳ヨーグルトサラダ」があるわよ。
ぜひみてみてね。
毎月1日に新しいレシピを発信しているから
また遊びに来てね。

↑他にもメニュー盛りだくさん!詳しくはこちらをクリック↑